求人情報は、新卒者向けと転職者向けとでは当然ですが異なります。特に転職者向けでは今まで積み上げてきた実績や能力などを総合的に判断されますので、学歴などよりもむしろ積み上げてきた実績がすべてで決定されるでしょう。 ただ、実績などを強調するのも難しい場面があり得ます。特に今までやってきたことに対して自負心が強い場合には、求人を出しているところが使いにくいと考えて敬遠する可能性も否定できません。実績を伝えることと自慢話になるということは紙一重だということを肝に銘じて就職試験等に臨むことが大切です。 全くの畑違いのところへ就職を目指すことも注意が必要です。なぜ今までとは関係がない分野での就労を目指すのか、その理由、動機付けがしっかりとなされていなければ、採用する側もその就職、転職したい熱意を感じ取れるかどうか難しくなるのは必然です。 今まで積み上げてきたキャリアや実績を踏まえて、新しい環境でその才能を存分に生かしたいという話であることが多いので、ありきたりな話になりがちです。新しい環境でどのような貢献をしたいのかをはっきりとさせるための事前のイメージ作りも重要となってきますので、よく考えた上で応募しなければいけません。