転職先の求人情報は念入りに探すことが大事です。特にやりたいことがはっきりしている場合には、その情報を中心に探すのは当然だと言えますが、ハローワークのみならず人材紹介会社なども利用して、積極的に探すことが重要でしょう。 また、求人情報を特定の媒体にしか載せない場合もあります。それがハローワークだけであったりあるいは人材紹介会社だけであったりいろいろではありますが、特定の媒体にしか転職希望者募集などの情報を載せない可能性がある以上は、できるだけ多くの情報収集をしないと貴重な情報が目に入らなくなるおそれがあります。 また、今までやったことがないようなまったくの畑違いの分野を探す場合には、ハードルが上がるのは間違いありません。また、見つけたとしても採用する側が採用したいと考えてくれるかどうかも未知数です。 こうしたことから関連企業などであればともかく、そうでない場合には応募してもよほどのことがない限りは採用が難しい場合もありますので、何故その業種を選んだのか、またなぜその企業を選んだのかという動機づけはしっかりと行うことが重要でしょう。面接などでも聞かれるでしょうから、応募者側である程度まとまっていなければ話にならないということです。