転職求人に応募する理由は意外と理由が少ないのです。その中で多いのは、人間関係です。 人間関係が理由というのは、かなり大変なのです。採用する側としては、どうして辞めたのか、ということは聞くものです。そして、そのときに人間関係、といいますとあまりよい印象を与えることがないのです。 ですから、どうしても理由は変換させる必要があります。例えば、ステップアップ、キャリアアップしたい、とかより大きな仕事をしたいとかそうした理由に変えてしまうのです。これは嘘ではないのです。あくまでそうした理由もあった、としておけばよいのです。 求人に応募するにはそのくらいの臨機応変さは必要なのです。 基本的には自分のことをアピールすることになりますから、スキルをたくさん持っておくことが重要なのですが、それこそがかなり大事でもあるのです。転職をする理由というものは、そこまで重要なことではない、と思わせる人材になればよいのです。そうすることによって、どんな転職理由であろうとやってくれる可能性が高くなります。能力が高い人、というのは、企業にとっても非常に魅力的なものであることは確かなのです。これは当然のことであるといえますが、そこまで能力がある人材になることが大変なことでもあります。